当事者出頭主義とは

当事者出頭主義とは、不動産登記を申請する際に実際に法務局に出向いて申請することが必要であるという事です。正しい申請かどうか、本人の意思を確認することで不正を防止するなどの意味もあり、長い間この形が維持されていました。しかし司法書士などの代理人に依頼して申請するケースがほとんどであり、本人が出向くことは少なく、本人確認の意味合いが薄れてきたことと、オンライン申請の導入によって出頭の必要性がなくなったことを受けて、平成17年の改正の際にこの形は廃止されました。現在は出頭して申請する必要がなくなったことになります。
今は申請においてオンラインで行うこともできるようになったほか、郵送などの形で書面を提出することもできるようになっています。もちろん書面を直接法務局に提出することも可能です。
郵送ができるようになったため、法務局が遠方にある場合などの申請において利便性が高まったといえます。これまでは本人あるいは代理人が出向く必要がありましたが、その必要がなくなったからです。
ただし、申請後何らかの不正の疑いがある場合などは出頭を求められる場合があります。登記の安全性はこういった形で担保されているといえるでしょう。

Comments are closed.