相続登記の種類について

被相続人が所有していた不動産の名義を相続人の名義に変更することを相続登記といいます。この相続人への変更登記は必ずしなければいけない訳ではありません。しかし後々のトラブルを避ける為にも不動産を相続した場合は、出来るだけ早くに所有者の変更登記をしておくことが大切です。
この相続の登記には主に3種類の方法があります。その方法とは法定相続、遺産分割による相続、遺言書による相続の登記です。
法定相続は法律で決められている通りに遺産を相続する方法です。法定相続は法定相続人の内の一人だけが申請することも可能です。
遺産分割とは相続人が複数いる場合に協議などをして遺産を配分する方法です。遺産分割をしてから相続人の変更登記をすることも出来ますし、一度法定相続で変更登記をしてから遺産分割をすることも可能です。
遺言書による相続は遺言書に書かれている通りに相続を行う方法です。遺言書によって遺産を贈与することを遺贈といいます。遺贈には包括遺贈と特定遺贈があります。
3種類の相続の方法の内、最も優先される方法は遺言書による相続です。遺言書があれば遺産相続の名義変更の手続きも簡単に終わらせることができます。
登記に関しては法務局で相談することも出来ますが、あくまでも手続きに関しての相談しか出来ませんので、詳細に関しては司法書士に相談することが必要となります。

Comments are closed.