相続登記の費用について

相続登記とは、遺産として不動産を相続した場合に名義変更をする登記手続きのことです。自力でこの手続を行うとすると、以下の様な費用がかかります。
登記事項証明書代は1物件につき600円 、登記事項証明書に記載されている事項を要約した「要約書」にした場合は1物件につき450円、戸籍、住民票、評価証明書代が数千円かかります。間接的なものとしては、手続きをするために法務局が近くにない場合にかかる郵送料や交通費、といったところです。
意外と安いと思ってはいけません。「登録免許税」というものを収入印紙で治めなければなりません。これは固定資産税評価証明書の評価額の1000分の4,つまり0.4パーセントの額になります。もし評価額が1億円だと40万円ということになります。
相続登記はその気になれば自力でもできそうですが、相続人の数や不動産の件数が多く、権利関係が複雑になったらやはり司法書士や弁護士といった法律の専門家に依頼しないと自力での手続きは手に負えなくなります。5万円から7万円という所が多いようです。中には「3万円で相続登記を引き受けます」という広告を目にしますが、追加料金が発生して結局は割高になった、ということのないように事前の確認が必要です。

Comments are closed.