相続登記に必要な書類とは

不動産の相続登記に必要な書類は、法定相続分にもとづいて遺産を相続する場合、遺産分割協議をした場合、遺言書の内容にもとづく場合のそれぞれについて、多少の違いが出てくるため、個人で行おうとする場合については、事前にある程度の資料を準備した上で、近くの法務局の登記官に相談しておくことが望まれます。
一般的に必要とされる書類としては、まずは様式どおりに相続する不動産の所在などを記載した登記申請書、遺産分割協議書などの相続を証明する書類、被相続人の出生から死亡までの一連の過程がわかるだけの戸籍全部事項証明書や除籍全部事項証明書など、相続人の戸籍全部事項証明書、住民票および印鑑登録証明書、対象となる不動産の固定資産税評価証明書といったものが挙げられます。
また、固定資産税評価証明書から登録免許税の金額を算出して、その金額分の収入印紙を貼った台紙についても、申請書にあわせて綴り込んでおかなければなりません。申請書が複数のページにわたるときは、綴じ目に捺印することも忘れないようにします。
もし不備があった場合は、そのままでは登記をしてもらうことができませんので、いったん申請を取り下げるか、補正に応じて登記官の指示どおりにその場で手直しをします。

Comments are closed.