法定相続分どおりの場合は

遺産相続の方法の一つには民法で定められた法定相続があります。
相続人と認められる範囲には配偶者か血縁関係にある者か養子縁組により親族となった者でなければいけません。
相続人の順位も法律で決められています。
ます配偶者は常に相続人となります。離婚した場合や内縁関係の場合は相続人とは認められません。たとえ別居していた場合でも相続開始時に戸籍上の配偶者であれば相続する権利があります。
配偶者以外の者は第1順位から第3順位までに振り分けられます。
第1順位には被相続人の子供が含まれます。もし子供が既に亡くなっている場合はその子供のさらに子供や孫が第1順位となります。
第2順位には被相続人の両親や祖父母が含まれます。
第3順位には被相続人の兄弟や姉妹が含まれます。もし兄弟や姉妹が既に亡くなっている場合にはその子供が第3順位となります。
法定相続分も法律により決められています。
第1順位の相続人がいる場合は、配偶者が遺産の二分の一を相続し、残りの二分の一を第1順位に該当する者全員で均等に相続します。
第1順位の相続人がいない場合には、配偶者が遺産の三分の二を相続して、残りの三分の一を第2順位に該当する者全員で均等に相続します。
第1順位、第2順位の相続人が共にいない場合には、配偶者が遺産の四分の三を相続して、残りの四分の一を第3順位に該当する者全員で均等に相続します。

Comments are closed.